トイレが臭い!においの原因と対策を知り快適空間に

更新日:

トイレ

トイレをいくら掃除してもイヤなにおいがとれないとお困りではないでしょうか?

トイレは排泄物が残ったり、飛散することでにおいが発生しやすい箇所です。芳香剤を置いたりしてにおいをごまかしていますが、においを無くすにはにおいの発生源をなくすることが最も効果的な手段といえます。

やみくもに掃除をしていてもにおいの発生源を取り除かなくてはいくら掃除をしても効果が出ないばかりか、取り除かれていないにおいのもとがどんどんにおいが出てしまいます。

においを無くするためには、においの発生源を知ることで的確な対策を取ることもできるようになりますので、トイレのにおいの発生源とその対策について紹介していきます。

トイレのにおいの発生源

臭いの原因トイレは尿の飛散などによってにおいが発生してきます。また、水を使用していますのでカビの発生もしてしまいカビ臭も出てきますのでイヤなにおいとなってしまいます。

尿にはアンモニアが含まれていますのでそれらが飛散して便器に残ることで臭いが出てきてしまいますので便器はこまめに掃除することで臭いを抑えることができます。また、男性が居る場合は尿は便器のみならず、壁まで飛散していきますので、トイレの壁の清掃もしなくてはいけません。

芳香剤で臭いをごまかしている家も多くありますが、臭いの発生源である飛散した尿を取り除くことが臭いを抑えるうえで最も効果的な手段になります。

トイレを臭わなくする

トイレは家の中でも最も汚い箇所になります。トイレが臭う原因としては、大よりも小の方が臭いの原因となり、特に男性が居る家庭では尿の飛散によってトイレ内を汚してしまいますので、トイレはキレイに清掃するようにしましょう。

トイレで臭いの出る箇所は以下の原因があげられます。

  • 便器や便座
  • 床・壁
  • タンク

これらを清潔に保つことで臭いの発生を抑えられます。それでは具体的にどのように掃除をしていけば良いのかを見ていきたいと思います。

便器や便座の臭い対策

便器は尿が直接接触しますので水は流れるもののしっかりと清掃しないといけません。また、便座には尿が飛び跳ねて付着しますので、便器や便座はしっかりと尿を洗い落としましょう。

尿は水分が飛ぶと尿石となります。尿石はアルカリ性の成分になりますので、アルカリ性を落とすには酸性の洗剤を使用することで中和され容易に尿石の汚れを落とすことができます。

スーパーやドラッグストアなどで販売しているものでも尿石の汚れを落とすことができますが、より簡単に尿石の汚れを落としたいのであればこちらの商品が効果的にキレイにすることができます。

できるだけ掃除に時間をかけたくないという人にとっては大変重宝する商品になります。

便器や便座の黄ばみを落とすのに最適な商品になっていますので、酸性洗剤を選んで掃除することで、汚れもにおいも取り除くことができます。

便座はプラスチックでできているので酸が残っていると劣化の原因となります。掃除したあとは洗剤が残らないようにしっかりと拭き取るようにしましょう。

壁や床の臭い対策

トイレの壁や床は尿がトイレの水面から跳ねて飛び散り、それが壁や床に付着しています。しかし、壁や床は便器のように硬質ではなく、柔らかい素材でできていますのでゴシゴシと擦るわけにもいきません。

壁や床の汚れも便器と同様に尿石が付着していますので、酸性の洗剤を使用することで容易に落とすことができます。

壁や床には、クエン酸水を自分で作りスプレーしながら雑巾で拭き取ることで簡単に汚れやにおいを落とすことができますのでクエン酸水を作ってみましょう。

クエン酸水の作り方

  • 水 : 200ml
  • クエン酸 : 小さじ1杯

クエン酸水を作り、100均などで売っているスプレーボトルに入れて壁や床に吹き付けましょう。吹き付けたあとはキレイな雑巾で拭き取るだけでキレイに掃除することができます。

特に汚れやにおいの原因となる箇所は便器と床の隙間です。便器から垂れた尿が床に流れて隙間のできやすい便器と床の隙間をキレイに洗い落とすことでイヤなにおいも取り除くことができます。

タンクの臭い対策

案外見落としがちなのが、トイレのタンクです。タンク内には常時水が溜まっていますのでカビの発生がしやすい箇所になります。

タンク内には黒カビが発生している場合が多く、黒カビは酸性汚れになりますので思わずアルカリ洗剤を使用したくなるところですが、タンク内は中性洗剤で洗浄するように取説などを見ると書かれています。

タンク内にはゴムや樹脂を多く使用していますので、酸性やアルカリ性の洗剤を使用すると部品が劣化してしまい、止水の不具合などトラブルの原因になってしまいます。

トイレ用の中性洗剤を使用してブラシなどで擦ってカビやぬめりを取り除くようにしましょう。

中性洗剤はスーパーやドラッグストアなどで売っているトイレ用の中性洗剤で十分です。使い古しの歯ブラシなどで擦るとキレイになりますので試してみてください。

タンクを分解清掃するのが面倒という人はタンク内に入れておくだけでキレイになる洗剤もあります。手洗いほどキレイにはなりませんが掃除するのが面倒な人はこちらの洗剤を使用すると手間が省けます。

 

トイレのにおいまとめ

トイレは尿が飛び散り壁や床までを汚してしまっています。トイレの洗剤が部位ごとに違う洗剤を使用することで効果的にキレイにしてイヤなにおいを取り除くことができます。

トイレはリラックスできる空間でなくてはなりません。芳香剤を置いてもイヤなにおいと混ざり合うだけなので、においの発生源をキレイにすることで、芳香剤の効果も出てきます。

掃除が面倒という人も多く居るかと思います。そんな人はできるだけ手を汚さずにキレイにできる洗剤を選んで使用することで、清掃時間も大幅に削減できるようになります。

トイレをキレイに掃除してリラックスできる空間にしてみてはいかがでしょうか。







-家・部屋
-,

Copyright© 気になる臭いを徹底消臭 , 2021 All Rights Reserved.