臭いが取れない衣類は漂白剤で殺菌消臭|部屋干しでも生乾き臭がしない

更新日:

漂白剤

漂白剤は汚れやシミを落とす時に有効ですが、それ以外にも衣類の臭いを取る場合にも力を発揮します。使い方を間違えてしまうと洋服の色が落ちてしまったなんてことにもなりませんので、漂白剤選びは間違えないように注意しましょう。

漂白剤の選び方

漂白剤はどのような汚れを落としたいのかで漂白剤の種類を選びます。漂白剤には主に3種類に分類されています。

漂白剤の種類

  • 酸素系
  • 還元系
  • 塩素系

酸素系漂白剤

色つきの衣類で色落ちさせたくない場合や、臭いを取り除きたいという軽度の場合は酵素系漂白剤の液体タイプを選ぶようにしましょう。液体漂白剤は弱酸性なので急に青い服が白くなったなんて失敗はありません。漂白剤の中でも洗浄力は控えめなのでちょっとした汚れや、臭いのみ取りたい時に使用します。

酸素系漂白剤には粉末タイプのものもあります。こちらは洗濯洗剤では汚れが落ちないYシャツやTシャツなどの汗ジミなんかの頑固な汚れを落としたい場合に使用します。粉末タイプは弱アルカリ性のため汚れを落とす効果がありますが、その反面衣類の生地が痛みやすいというデメリットもあります。粉末タイプも色落ちすることはほとんどありませんが、絹やウールなどアルカリに弱い素材には使用しないようにしましょう。

還元系漂白剤

還元系漂白剤は弱アルカリ性の粉末剤で、基本的には白い衣類にしか使用しません。色ものの衣類に使用してしまうと色落ちしてしまう可能性があります。白いYシャツの襟もとの黄ばみや白いTシャツの脇の黄ばみなんかに使用します。酸素系漂白剤で落ちなかった白い衣類に使用するようなイメージです。使用する時は、使用中に飛び跳ねるとポツンと色落ちして大事な服が着れなくなってしまいますので、漂白剤を使用する時は汚れても良い服装で使用するようにしましょう。

還元系漂白剤は除菌・殺菌効果がありませんので臭いを落とすには不向きの漂白剤です。

塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムを主成分としたアルカリ性の漂白剤です。漂白力が最も強く色がついた衣類の色までをも白くしてしまうほどの漂白力なので、色物の衣類には使用できません。白いYシャツを真っ白にしたい時、白いTシャツを真っ白にしたい場合なんかは、塩素系漂白剤お使用するようにしましょう。

塩素系漂白剤の取扱は大変難しく、酸性タイプの洗剤と混ぜ合わせると塩素ガスが発生してしまいますので、混ぜて使用はしないように注意してください。

 

漂白剤使用でのポイント

このように漂白剤にも種類があり、汚れの落とし方によって使用用途が異なってきます。酸化型は酸素系と塩素系で酸素を抜いて白くするという漂白に対し、還元系は酸素を戻し漂白するという方式になります。臭いを取る場合は酸化型の漂白剤を使用するようにし、汚れが落ちない場合はどんどん強力な漂白剤を使用していくようにしましょう。

 

おすすめの酸素系漂白剤

そんな、汚れやシミ、臭いまでをも落としてくれる漂白剤のおすすめをランキング形式で紹介していきますので、漂白剤選びで迷っている人は参考にしてみましょう。

〈5位〉ブライトW

5位はブライトWです。進化したジェル漂白で頑固な襟汚れも白さを実感。除菌・消臭効果はもちろん、抗菌・防臭効果で部屋干しや残り湯での洗濯でも臭いが出ない消臭効果。色柄物にも安心な酸素系濃縮タイプの漂白剤。香りはすっきりしたミンティグリーンの香りになっています。

クチコミ

何度もリニューアルしている商品ですが、もう十数年にわたり愛用しています。色柄物にも影響しないので、洗濯の際は必ず投入。漂白より除菌目的での使用です。お風呂の残り湯で洗濯する際も安心ですし、よくCMなどで聞く「生乾きや部屋干しのニオイ」ってやつともうちは無縁です。
直近のリニューアルからだったか、それまで無香だったのに微かに香りがつきました。同じライオンのHYGIAと同じ香りっぽいです。衣類に香りは残らないけれど、なくてもいいと思います。

 

〈4位〉ワイドハイターEXパワー

4位はワイドハイターEXパワーです。色柄ものでも安心して使用できる濃縮タイプの酸素系漂白剤です。濡れると出てくる戻り臭も徹底消臭し、臭いのもとから殺菌・消臭。繰り返し使用していくとより効果を発揮し衣類のイヤな臭いや汚れを取り除きます。香りは爽やかな花の香りの漂白剤です。

クチコミ

日中仕事をしていると、どうしても部屋干しになってしまいます。そうすると、厚手のタオルや子どもの体育服などがなんとなーく匂っていました。それはもう、高級フレグランス入りの柔軟剤を使っても・・・。
このハイターEXは、いつもの洗濯に加えるだけで、嫌な生乾き臭がなくなります。合成洗剤にも、おしゃれ着洗いにも欠かすことができません。ただ、ハイターにしては、値段が高めなので、もう少し安くして欲しいなあ。

 

〈3位〉ワイドハイターEX 粉末タイプ

3位はワイドハイターEX 粉末タイプです。40℃のぬるま湯で30分漬け置きにしておくと黄ばんだシャツが真っ白に漂白されます。しみついた黄ばみや黒ずみを強力分解し臭いもしっかりと消臭してくれます。袖や襟の頑固な汚れをしっかりと落とし、色柄の衣類にも使用できます。

クチコミ

試しにすこし古い綿のハンカチ、シャツ、布巾などに使って見ました。かなり白くなりました。40℃のぬるま湯を使うと汚れが落ちやすいらしいので、布巾はそのようにして見ました。古いお醤油などのシミには効きませんでした。限度あると思います。ですが、その他の部分は真っ白になりました。
シャツなどにもすごくいいのですが、経年劣化があるので元の通りにはなりません。ただ布の艶のようなものは消えずにそんなに生地を痛めないのかな?という印象です。生地を痛めることがあるようなので2時間以上はつけおきしないほうが良いそうです。
ドラム式の洗濯機を使用しているのですが、こちらを使って一晩臭くなったタオルを漬けおき洗いしてみました。
公式では2時間以上の漬けおきは避けてくださいとありましたが、臭くなって捨てるかどうか迷っていたので試しました。
結果無臭になりました。かなり強力な除菌効果があると思いました。

 

〈2位〉オキシクリーン

2位はオキシクリーンです。オキシクリーンはアメリカを始めとした世界中で使用されている漂白剤です。洗濯ものはもちろん、キッチンやお風呂場などの汚れにも幅広く使用できる漂白剤になります。酸素パワーで汚れを浮かせて、臭いのもともしっかりと落としてくれます。

クチコミ

我家は地下水なのでバスタオルなど徐々に黄ばんでくるし、柔軟剤をいくら入れてもあんまり香らない上に、なんだか水臭いというか生臭いような感じで、洗濯槽を掃除してもほとんど変わりなく、洗濯が楽しくない日々を長年送ってきました。
ダメ元で試しに使ってみようと思い購入しました。洗濯の時にこれも一緒に入れてみました。そしたらナント! 洗濯機から取り出した洗濯物から柔軟剤のイイ香りがふわ~っと!長年悩まされていたあの水臭い臭いがしませんでした!
正直これにはビックリしました。ベランダからいい香りが漂ってくるのが毎日嬉しいです♪これはもう手放せません! 一生リピし続けます!

 

〈1位〉シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

1位はシャボン玉石けん 酸素系漂白剤です。洗濯・食器洗い・お掃除などあらゆるところで使用することのできる漂白剤です。過炭酸ナトリウム100%の酸素系漂白剤でその他の添加物は一切含まれていません。漂白・除菌・消臭効果が抜群で木綿・麻・化学繊維などの色柄ものにも使用できます。

クチコミ

いつもはやさしい漂白剤を使用していましたがこちらの漂白剤が若干安かったのでこちらにしました。
酸素系漂白剤は手が荒れず塩素系の強いにおいもないため使いやすいです。しっかりと汗の臭いも取ってくれるので助かります。主人の数年着ていたTシャツも数回洗うと脂っぽいにおいがなくなりました。
部屋干ししても洗濯物が匂わないのでこれからも使いたいです。

 

漂白剤のおすすめまとめ

漂白剤には、酸素系漂白剤、塩素系漂白剤、還元系漂白剤の3種類があります。臭いを無くす程度であれば酸素系漂白剤で十分に消臭することができます。酸素系漂白剤は漂白効果は弱いですが、色柄物の衣類にも使用することができますので安心して使用することができます。また、弱酸性なので繊維や肌にも優しく生地の傷みが最小限に抑えられます。

そんな酸素系漂白剤のおすすめをランキング形式で紹介しましたので、漂白剤はどれを選べば良いのだろうかと悩んでいる人は参考にしてください。

衣服がキレイにイヤな臭いが出なくなり、生乾き臭の心配もなくなります。







-衣類
-

Copyright© 気になる臭いを徹底消臭 , 2021 All Rights Reserved.