男の40代はミドル脂臭|後頭部付近から何か臭うと感じたら

投稿日:

後頭部が臭う

何だか最近後ろに誰もいないのにイヤな臭いがしたなんて経験はないでしょうか。男は30代半ばを過ぎたあたりからミドル脂臭という独特な臭いが出てきます。これを加齢臭と勘違いする人もいますが、加齢臭は50代半ばから出てくる臭いで、臭いの質や出る場所が異なります。

30代半ばになって汗をかいた時に何か臭いと思ったらミドル脂臭と思ってもらって間違いありません。誰でも出る臭いなのでしょうがない部分もありますが、周囲の人もその臭いを嗅いだ時に気分が良いものではありません。

そして、自分から臭いが出ているとなると自分としてもかなりのショックで何とかしたいものです。

そんなミドル脂臭とはどのような臭いなのか、その特徴や予防方法について知り、しっかりと正しい対策をしましょう。

ミドル脂臭とは

ミドル脂臭は働き盛りの30代の半ばから50代半ばまでの間最も強く臭いを発します。臭いのもとは「ジアセチル」という成分になります。ジアセチルはエクリン汗腺から汗と一緒に排出される乳酸が頭皮の常在菌であるブドウ球菌によって代謝・分解されることでジアセチルという成分が出てきます。ジアセチルは中鎖脂肪酸と混ざることでミドル脂臭と呼ばれる悪臭になります。

ミドル脂臭とはどこから臭うか

ミドル脂臭部位

ミドル脂臭が臭ってくる部位は後頭部を中心として、頭頂部から首、うなじにかけて臭いが出てきます。臭いは使い古した油のような臭いで揮発性が高く臭いが広がりやすいという特徴があります。汗をかいた時に後頭部側から何かイヤな臭いがするという場合はミドル脂臭が出ている可能性が高く、自分で気がつくくらい臭っているのであれば、周囲の人は間違いなくあなたのミドル脂臭に気が付き不快感を与えていることでしょう。

ミドル脂臭の臭いは口臭や足臭の1.5倍くらい強烈な臭いを発しています。それが頭の裏側から出ているとなると防ぎようがありません。このように臭いが出てきてからだと防ぎようがありませんので、臭いのもととなる成分を出さないようにする工夫が必要になってきます。

ミドル脂臭の予防方法

ミドル脂臭は汗と混ざって出てくる乳酸が出ることで臭いが出てしまいます。ですのでミドル脂臭を抑えるには乳酸を出さないようにすることが臭いを出さないための対策になります。

乳酸は血行不良が起こることで過剰分泌されてしまい、ストレス・睡眠不足・運動不足・食生活の乱れなどによって乳酸の過剰分泌が起こります。特に30代や40代になってしまいますと仕事も忙しくなり運動する時間もなく、睡眠不足やストレスを抱えやすい時期でもあり、乳酸を分泌させてしまう環境になりがちです。

食事に気をつける

食事に気をつけるひとり暮らしをしていると、ついついコンビニ弁当やカップラーメンなどのインスタント食品が多くなりがちになってしまいます。このような食生活は糖質を摂りすぎてしまいます。糖質は体の中で脂肪として体に蓄積され乳酸として排出されてしまいます。できるだけ魚や緑黄色野菜、海藻などを多めに摂り糖質を溜めないようにしましょう。

また、溜まってしまった乳酸はクエン酸を多く含む食材を摂ることで分解することができます。クエン酸が多く含まれているものは、梅干し、レモン、グレープフルーツ、いちご、キウイ、酢などに多く含まれています。クエン酸は体内に入ってから5時間程度で体外に排出されてしまいますので、こまめに摂取することがポイントです。

運動する習慣をつける

運動する運動することで血液のめぐりが良くなり血行不良を予防するのに効果があります。オフィスワーク中心の仕事をしていると歩くことも余りなく、ずっと同じ姿勢で作業していますので、同じところに血液が滞り筋肉が固まってしまい血行不良の原因にもなってしまいます。

血液は心臓の動きによって全身に送られますが、体中に血液循環させるためには、心臓の動きのみではなく体中の筋力によって血液が循環されていきます。運動不足になると筋力が不足してしまい血行不良になります。

運動することで全身に筋肉がつき血液の循環も良くなります。これにより全身から汗が出て汗と一緒に老廃物が出てきます。これにより乳酸も排出され体内に乳酸を蓄積させないことでミドル脂臭がしにくくなっていきます。また、運動して汗を流すとストレス解消の効果もあります。

ストレスがなく正しい睡眠

寝るストレス社会で生活していますので、ストレスをためないようにするのは大変むずかしいので、ストレスがたまっても解消するように自分の好きなことをする時間を作りストレス解消するようにしましょう。

ストレスを抱えていると夜眠れなくなったりして睡眠不足になってしまいます。睡眠不足になることで生活習慣が乱れ自律神経が乱れ血行不良になり乳酸が多く出てミドル脂臭が臭ってしまう原因にもなってしまいます。

後頭部や首裏をしっかりと洗い流す

ミドル脂臭は後頭部や首の後ろ側から臭いがします。風呂に入った時やシャワーを浴びた時に、後頭部付近はキレイに洗い流すことで臭いを洗い流しましょう。ミドル脂臭は脂っぽい汚れなので入念に洗わないとなかなか取れませんので、シャンプーやボディソープはミドル脂臭などの体臭を抑えるものを使用するようにしましょう。

参考ニオイ対策ボディーソープ AGICA

臭い対策のシャンプーやボディーソープは、臭いを抑えるための成分が含まれていますので、殺菌・消臭により臭いを無くして、臭いを発生しにくい状況にしてくれます。

 

ミドル脂臭のまとめ

ミドル脂臭は年齢とともに誰でも出てきてしまう臭いです。その臭いをいかに臭わないようにするかで周囲の人からあなたの評価も変わってきます。女性は清潔感のある男性を好みますのでミドル脂臭がしていたら、意中の彼女も振り向いてくれません。そうならないためにも食生活に注意して、適度な運動、ストレスをためてもしっかりと発散できる環境を自分で作り、しっかりと睡眠を取ることで血行も良くなり乳酸が出にくくなり臭いを抑えられます。

ミドル脂臭は体臭用のボディソープやシャンプーで洗浄することでキレイに洗い落としやすくなり、臭いも出にくくなります。ミドル脂臭は自分で気が付きにくく自分で気がつくような臭いが出ている場合は、周囲の人が相当臭いと思っているくらい臭いを発していることでしょう。

そうなってからでは手遅れなので、事前に予防するようにしましょう。







-頭・髪
-

Copyright© 気になる臭いを徹底消臭 , 2021 All Rights Reserved.