アミノ酸シャンプーの選び方を間違えないために知っておくこと

更新日:

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーって良く耳にする機会が多いかと思います。でも実際聞いたことはあるもののアミノ酸シャンプーがどのようなものであるのかを分かっている人はほんの一握りしかいません。

アミノ酸シャンプーを簡単に説明すると、洗浄成分にアミノ酸系の成分を配合しているシャンプーで、アミノ酸系には、グリシン、メチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリン、サルコシンといった成分が含まれています。これらの成分は肌に低刺激であるため、頭皮に優しい成分ですが、洗浄効果は弱いという特徴を持っています。

アミノ酸とは何なの?

そもそもアミノ酸とは何なんでしょう。

アミノ酸は体の血管や内蔵、皮膚、筋肉などの元になるタンパク質を構成する成分になります。タンパク質はアミノ酸が数千個連なってできている物で体の20%はタンパク質でできています。つまり、体の60%は水分なので、それを除けば約半分はタンパク質から体は作られており、タンパク質はアミノ酸からできていますので、体のほとんどがアミノ酸ということになります。

アミノ酸は約500種類の天然アミノ酸があり、その中で体を作っているアミノ酸は20種類あります。

 

アミノ酸シャンプーの効果は

アミノ酸シャンプーの効果が気になるところですが、アミノ酸シャンプーは髪の毛や頭皮に刺激が少なく優しく洗い上げるのが特徴になります。人間の体と同じ成分であることから刺激にはなりません。頭皮に優しいのでフケやかゆみ、抜け毛などにも有効で、皮脂を洗い落とし過ぎないので、シャンプー後の皮脂の分泌も抑えてくれますので、頭皮の臭いで悩んでいる方にも効果が期待できるのです。

そして、アミノ酸シャンプーを使用することで、アミノ酸が髪の毛に浸透していきます。これにより、ある程度髪の毛の修復をする効果もあります。このように、アミノ酸シャンプーは刺激が少ない成分であることから洗浄効果が弱いものの、その弱さが丁度よい加減となり髪の毛や頭皮を傷めずに洗うことができます。

ただし、肌が強く髪の毛の油分が多く悩んでいる人はアミノ酸シャンプーよりも高級アルコール系や石鹸系の洗浄効果の強いシャンプーの方が良いでしょう。

アミノ酸シャンプーの良い点

アミノ酸シャンプーの良い点についてまとめてみますと

  • 刺激が弱く頭皮や髪の毛に優しい
  • 余分な皮脂を落とし過ぎないため、シャンプー後の皮脂分泌を抑える
  • 硬水でも泡立ちやすい
  • 保湿性があり、シャンプー後でも髪がパサつかない

アミノ酸シャンプーにはこのような特徴があり、最近はアミノ酸シャンプーの人気が高くなってきています。

アミノ酸シャンプーの悪い点

アミノ酸シャンプーは良い点ばかりではありません。悪い点をまとめてみると

  • 洗浄力が弱いので頭皮や髪の毛の汚れが残ってしまう場合がある
  • 整髪料を洗い落としにくい
  • 保湿性が高いので髪の毛がしっとりするため、ボリュームが出にくい
  • シャンプー後のサッパリ感が余り感じられない
  • 製造コストが高いため、製品の価格も高め

アミノ酸シャンプーにはこのような悪い点があります。キッチリと洗い落とすというよりは、程よく洗い落とすという感じなので、シャンプー後の爽快感は得られません。また、洗浄力が強くありませんので髪の毛にしっかりと付いた整髪料を洗い落とすことも難しく、数回洗わないと洗い落とせないという点はデメリットになります。

 

洗い落とし過ぎると逆効果

髪の毛をキレイにしようと思うと洗浄力の強い物が良いのではないかと思いがちですが、洗浄力が強いシャンプーを使用すると、髪の毛に与える刺激も強く、髪の毛のバリア機能をもたらすキューティクルまで汚れと一緒に剥がし取ってしまいます。キューティクルが無くなることで髪の毛の栄養分が保持されなくなってしまい栄養分がでてしまいます。また、外からの紫外線などのダメージも受けやすくなり、髪の毛が傷む原因になってしまいます。

また、洗浄力の強いシャンプーを使用することで、頭皮への刺激も強くなり、フケや乾燥、かゆみ、炎症などの頭皮のトラブルを引き起こす原因になってしまうのです。更に、頭皮の皮脂を洗い落としすぎてしまいます。これによりシャンプー後、頭皮が皮脂が不足していると認識してしまい体が自然に皮脂分泌され、過剰な皮脂が頭皮に分泌され臭いの原因にもなってしまうのです。

このように、頭皮が過酷な環境になってしまいますので頭皮が弱ってきます。これにより抜け毛や炎症など頭皮に異常が出てきます。こういったことから洗浄力が強いシャンプーは頭皮や髪の毛にダメージを与えますので、程よく洗浄してくれるアミノ酸シャンプーが注目されているという訳です。

 

アミノ酸シャンプー購入時の注意点

アミノ酸シャンプーを購入しようと思って、実はアミノ酸シャンプーではない物を購入している人を多く見かけます。よくあるのが、アミノ酸配合シャンプーと書かれたシャンプーです。これも確かにアミノ酸が含まれているかもしれませんが、アミノ酸シャンプーとは洗浄成分の主成分がアミノ酸でできているシャンプーで、アミノ酸配合シャンプーは高級アルコール系の界面活性剤の中にアミノ酸がいくらか含まれたシャンプーを指し、主成分は高級アルコールシャンプーということになりますので、アミノ酸シャンプーではないということです。

シャンプーは化粧品に分類されますので、成分の表記は成分が多い物から表示されるように義務付けられています。ここが見分けるポイントで、最初の成分に、ココイル◯◯、ラウロイル◯◯、コカミド◯◯、グリシン、メチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリン、サルコシンと最初にこれらの成分が表記されているものがアミノ酸シャンプーになります。

ただし、シャンプーが医薬部外品の場合は成分が多い順番ではありませんので、医薬部外品のシャンプーを購入する場合は主成分の見分けはできません。

また、価格が一般的なシャンプーよりは価格は高くなっています。一般的なシャンプーと同じでアミノ酸シャンプーとうたっているシャンプーは注意が必要かもしれません。

 

アミノ酸シャンプーにはこのようなものがある

それでは実際にアミノ酸シャンプーを紹介していきたいと思います。いちいち確認しながら購入するのが面倒な方はこちらのアミノ酸シャンプーを選ぶと手間も省けます。

スカルプセレブ

スカルプセレブ

栄養補給でハリツヤUP

頭皮を整え抜け毛、白髪対策

刺激から守りフケ・かゆみを防止

ポイント

アミノ酸シャンプーでありながら価格が安価に設定されています。そして、一般的なアミノ酸シャンプーよりも洗浄効果がありながら皮脂を取りすぎないのでダメージが少なく頭皮に優しいアミノ酸シャンプーです。天然の精油が髪をしっかりとコーティングしノンシリコンシャンプーでありながらパサつきやキシキシ感もなく手触りもなめらかなのでコンディショナーをつけなくても艷やかな髪になります。

 

mogans モイスト&フォレスト

mogans

パサつくダメージヘアを補修

しっとりまとまるツヤ髪へ

するんとなめらかな指通りへ

ポイント

@COSMEクチコミ・ランキングでも1位をとった実績のあるシャンプー&コンディショナーで、ベビー用シャンプーにも配合されている肌や頭皮にやさしいヤシの実由来の洗浄成分を配合しています。天然由来の低刺激でありながら洗浄力があり、髪の毛と頭皮の汚れをしっかりと落としてくれます。ラベンダーやツバキなどの植物から生まれた20種類のアミノ酸成分が髪と頭皮をいたわりながら、毛先までするっとまとまる艶髪に導きます。

 

mogans お試しトライアルセット

mogansトライアルセット

初回限定の734円でお試しセット

 

 

アミノ酸シャンプー選びのまとめ

アミノ酸は体のタンパク質の成分となっていますので、髪の毛や頭皮への刺激が少なくダメージを与えずに優しく洗浄することができます。市販のシャンプーの場合は洗浄成分が強すぎて、髪の毛のキューティクルまで落としてしまいます。また、頭皮の皮脂を落としすぎてしまうため、シャンプー後に体が頭皮の皮脂が不足していると認識してしまい、過剰に皮脂を分泌してしまい、頭皮の臭いの原因にもなってしまいます。

アミノ酸シャンプーだと、洗浄力が程よくダメージなどを与えずに洗うことができます。アミノ酸シャンプーは注目されていますので購入時はアミノ酸シャンプーと見せかけた物が多く出ており、アミノ酸配合シャンプーなど紛らわしい物が出ていますので間違えないように購入するようにしましょう。

シャンプーは化粧品に分類されますので、配合量が多い順番に成分が表示されていますので確認しながら購入するようにして、いちいち確認するのが面倒な場合は、アミノ酸シャンプーのおすすめ品を紹介していますので参考にしてみてください。

洗浄力が強すぎないシャンプーを選びヘアケアすることで、頭皮や髪の毛のトラブルを抑え、いつも良い環境で臭いやかぶれなど防止するようにしましょう。

シャンプー選びで髪の毛の良い香りやサラサラヘアーにすることができます。







-頭・髪
-

Copyright© 気になる臭いを徹底消臭 , 2021 All Rights Reserved.