女の加齢臭は生活環境から|しっかりケアして臭い予防

更新日:

40代からの加齢臭

加齢臭と聞くとおじさん!というイメージが強いですが、女性も40歳を超えたあたりから加齢臭が出てきます。加齢臭が除々に臭いがしてきますので本人は気づいていないケースが多くあります。

自分の子供になんか臭い!とかおばさん臭い!なんて言われたらかなり臭いがしている証拠です。言われるまでは本人は全く気がついていない場合が多く、子供が言わなかったらそのまま何もせずに過ごしていると考えると恐ろしいことです。

周りの人が自分の近くから離れたり、鼻をつまんでいたりなんてことはないでしょうか?そんな場合は加齢臭が出ているかもしれません。そんな加齢臭ですが、どのようなものなのか知っておきましょう。

 

なぜ加齢臭が出るのか

なぜ加齢臭が出る加齢臭の原因は皮脂が分泌されることで臭いの原因になります。皮脂は子供でも成人でも老人でも皆分泌されていますが、年齢を重ねると皮脂に含まれているパルミトレイン酸という脂肪酸が多く分泌されるようになります。このパルミトレイン酸が空気の酸素によって酸化し、その時に酸化したパルミトレイン酸はノネナールという成分を生成します。

このノネナールが加齢臭のにおいを出す成分になります。

 

女性でも加齢臭はする

加齢臭と聞くと中年おじさんのオヤジ臭と思いがちですが男性・女性に限らず加齢臭は発生します。

加齢臭は枯れ葉の臭いとか古本の臭いなどと例えられる場合があり男性と比べると女性は女性ホルモンによって皮脂の量が少ないため、加齢臭もにおいにくくはなります。しかし、女性も50歳前後になると閉経を迎えます。閉経になると女性ホルモンが減少し、男性ホルモンはそのまま維持されて分泌されていますので、皮脂量が増加し加齢臭が出やすい環境になってしまいます。

このように女性も閉経を迎える50歳前後から加齢臭がキツくなる傾向があります。

 

加齢臭が臭うところ

加齢臭が臭うところ加齢臭は皮脂から臭いが発生してきますので、皮脂腺の多い部分が臭いの発生源になります。体で皮脂腺が多い部位は、頭皮・Tゾーン・脇・背中・胸・耳の裏なんかに多くあります。中でもダントツで頭皮の皮脂腺は多く頭から加齢臭が臭ってくるのです。気になる方は枕の臭いを嗅いでみましょう。自分では分からないかもしれませんが、加齢臭が出ている人は枕から臭ってきます。

 

加齢臭がキツくなる要因

加齢臭は人によって臭いのキツさが違います。臭いがキツくなるには以下の要因が考えられます。

太っている人

中年になると体型が太りやすくなってしまいます。肥満体型の人は体に中性脂肪がたまり皮脂の分泌量が増加傾向にあります。加齢臭の原因は皮脂が酸化することにより臭いが出ますので、皮脂量が多いとにおいを出す物質が増えるということなので、においが出やすくなってしまいます。

晩酌を欠かせない人

毎日晩酌するくらいお酒が好きな方は加齢臭がキツくなります。お酒を飲むと体内に取り入れられたアルコールを分解する時にアセトアルデヒドという物質が分泌され、この物質が加齢臭の臭いのもととなるノネナールと合わさると臭いがキツくなってしまいます。

愛煙家

タバコを吸うと、体の中の活性酸素が増加します。活性酸素が増加することで、パルミトレイン酸の酸化を促しノネナールが活発に生成されていきます。これにより臭いがキツくなってしまうのです。活性酸素は喫煙以外にも飲酒や激しい運動、紫外線を浴びたりすると増加しますので、活性酸素が増えるようなことは避けましょう。

精神的な不安

ストレスなどで精神的な不安を抱えてしまうと活性酸素が増加し臭いがキツくなる原因になります。人はストレスを感じてしまうと活性酸素が大量に出てきます。ストレスを感じなくすることは難しいので、ストレスを解消できるように自分の好きなことに時間を費やし、少しでもストレスを発散させるようにしましょう。

 

加齢臭の予防

加齢臭の予防加齢臭は汗と同じようなものなので、気をつけていてもどうしても出てきてしまいます。ただ、臭いを軽減させることは日常のケアからできます。

皮脂をキレイに洗い流す

ボディーソープや石鹸は加齢臭対策用のものを使用してノネナールをしっかりと洗い流すようにしましょう。殺菌作用のあるボディーソープを使用することで臭いを洗い流し、臭いを出にくくしていきます。

成分としては、柿渋・ミョウバン・緑茶エキス・ポリフェノール・カテキン・銀イオン・炭などの成分が入ったボディーソープや石鹸がおすすめです。

また、皮脂の分泌が多い箇所は時間をかけて洗うようにしてください。皮脂の多い部分は、頭・顔のTゾーン・耳の後ろから首・胸・脇・背中・へその周辺・陰部が皮脂の分泌が多い箇所になります。

洗い方はゴシゴシと洗うのではなく優しく洗います。ナイロンなどのタオルで洗うのではなく素手で十分洗い落とすことができます。

保湿ケアをしっかりと行う

皮脂は肌が乾燥していると認識してしまうと皮脂を過剰に分泌させる体の作用が働きます。過剰に皮脂が分泌されることで加齢臭がでるリスクが上がってきてしまいます。肌を保湿することで皮脂の分泌は正常になりバリア機能により保護されるようになるのでしっかりと保湿ケアを行いましょう。

保湿成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されているものが良いでしょう。

生活習慣の改善

食生活を改善することで過酸化脂質を出さなくすることで加齢臭予防になります。食べ物は抗酸化作用の強い、ビタミンA・C・E、リコピン、ポリフェノール、カテキンなどの栄養成分を含むものを摂り皮脂の分泌を抑えるようにします。また、アルコールは肝臓で分解される時に活性酸素やアセトアルデヒドなどを発生させますので加齢臭の原因になります。アルコールはできるだけひかえるようにしましょう。

また、運動をすることで汗を流す習慣をつけることでストレスが解消され夜もぐっすりと眠れるようになります。普段から汗を流すことで汗がサラサラになり、雑菌のエサとなるミネラル成分が出にくくなります。

加齢臭対策用品でケアする

加齢臭の対策用品も色々と出ています。ボディーソープ、石鹸、シャンプー、サプリ、消臭剤など出ていますので、ケア用品を使用すると即効性があり臭いを抑えてくれます。

即効性があるといえば、消臭スプレーがおすすめです。スプレーを吹き付けるだけで加齢臭を消臭してくれます。

出かける前に3~5回プッシュして軽く拭き取るだけで嫌な臭いを軽減させるので手間もかかりません。

 

加齢臭のケアのまとめ

加齢臭は40歳を超えたあたりから、男性・女性問わずに臭いがしてきます。臭いは皮脂の分泌によって出てきますので誰でも出てきます。しかし、臭いのキツい人と余り臭いがしない人と個人差があります。

加齢臭は自分ではなかなか気が付かないのですが、周りの人は敏感に気がついています。

周りの人から臭いと思われていても良いことはありません。予防するためには体を清潔に保つこと、食生活や運動などの生活習慣を整えることで予防されます。

即効性がある予防方法としては消臭スプレーを使用することで直ぐに臭いを抑えることができます。周囲の人に後ろ指を指されないようにしっかりとケアしましょう。







-体臭
-

Copyright© 気になる臭いを徹底消臭 , 2021 All Rights Reserved.