脇の臭いは脱毛で軽減できる|脇毛をなくしてワキガ臭をやわらげる

更新日:

脇毛の脱毛

脇の臭いは脱毛することで軽減できるのかということを考えたことないでしょうか。脇の臭いで悩んでいる人であれば一度は考えたことがあるかと思います。

結果的に言うと軽減されます。

軽減される理由としては、汗はエクリン腺とアポクリン汗腺の2つの汗腺から汗が出てきます。エクリン腺は水のような物性なので臭いがしませんが、アポクリン汗腺には、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれベトベトとした液体になります。この汗腺は脇毛の根元から出て、そこで細菌が繁殖することでイヤな臭いを出しています。そのことから、毛がなくなると細菌が繁殖しにくくなり、結果臭いが出にくくなります。

ただし、脇毛が無くなったからといってアポクリン汗腺はなくなりませんので、アポクリン汗腺からのベトベトした汗は出てきます。

 

脇毛があるとワキガの臭いが強くなる

脇毛があることで、汗が蒸れやすくなり脇毛によって汗の流れを止め、これにより高温多湿の環境を作ってしまいます。これにより汗が脇に蓄積されてしまい、細菌の繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

また、細菌は脇毛の毛根部分で繁殖しやすい傾向があり脇毛があるとより菌が増殖しやすい環境になります。よって、脇毛が濃い人ほどワキガ臭が強くなり薄い人ほど臭いは弱くなります。

特に女性の場合は脇毛を生やしていると見た目も悪く不潔に見えてしまいます。夏場になると露出も増えるので毎日のお手入れ時間もかかりますので脇毛を生やすメリットはほとんどありません。

 

脇毛を剃っても効果があるのか

脇毛を剃る脇毛を剃っても効果があります。脇毛を伸ばしていると前項にも記載した通り脇毛部分で汗の流れを止めますので、汗が蓄積されて細菌が繁殖しやすい環境になります。脇毛を剃ることで通気性が良くなり外気との空気に触れやすくなり蒸れなくなります。

これによって、脇が乾燥しやすくなり汗の蓄積を抑え、細菌の繁殖が減ることで臭いを抑制できます。また、デオドラント剤などを塗る時は、脇毛があるの毛が邪魔になり、肌の部分に濡れない場所が出てきてそこから臭いが出やすくなってしまいますが、脇毛がないことで手入れがしやすくなり、脇全面にキレイに塗るとができ、それにより臭いを抑えやすくなります。

 

脱毛による体の変化

脇毛脱毛脱毛して、ただ脇毛がなくなる人と汗が多くなってしまう人がいます。この原因は分かりませんが、脱毛後、3割の人が汗が多くなったと感じています。これは一概に言えませんが、脇毛を剃っていても根本は肌よりも多少の凸になり、そこの毛に汗が付着して乾燥していたため、汗が流れてくる量が少なかったが、脱毛することで肌がフラットになりますので汗が流れやすくことで汗が多く出ていると感じてしまうのではないかと考えられます。

汗が多くなってしまうと、汗や皮脂の酸化がしやすくなり、細菌の繁殖がしやすい環境になってしまいますので臭いが強くなる傾向があります。

また、今まで皮膚に毛が通っていた所(毛穴)に皮脂が溜まる場合があります。皮脂は酸化すると細菌が増殖しやすくなり臭いが発生しやすくなってしまいます。この場合は皮脂を除去しなくてはいけません。皮脂が溜まると毛穴が白くなったり、黒くなったりしますので、指で絞れば取り除くことができます。

しかし、余り頻繁に皮脂が溜まるようであれば皮膚科で診てもらうことで治ります。

これ以外には、精神的発汗が発生する場合もあります。これは、緊張した時や不安になった時に出る汗で、脱毛したことで意識が脇に集中してしまい汗を引き起こしてしまいます。脱毛したことで臭いが無くなったか、臭かったらどうしようと意識が集中しがちになってしまいます。

また、脇毛がなくなることで汗が付着して乾燥させる脇毛がなくなりますので、汗を肌で感じやすくなってしまいます。それにより、意識が脇に集中して精神的発汗の原因になってしまう場合があります。

これらの原因によって、脱毛後に汗が出やすくなったり、今までと変わらなくても汗が出た感覚になりがちになるのです。

 

精神的発汗の予防方法

リラックス精神的発汗を抑えるには、自律訓練を行い心身をリラックスさせ汗が出るのを抑えていきます。心療内科や精神科などでも使われる一種の自己催眠法で、僅かな時間で全身をリラックスさせる効果があります。

自律訓練法は先ず、気持ちを十分落ち着かせてから、体の状態を感じていくことで精神状態を落ち着かせます。第一公式では手足の重さを感じて、第二公式では手足の暖かさを感ることでリラックス効果を得ます。

手足の重たさを感じる(第一公式)

できるだけ周りが静かなところで、ゆっくりと深く深呼吸をして気持ちが落ち着いた状態で行います。

椅子に姿勢良く座り、両手は膝の上に置きます。全身の力を抜き右手が重たいと意識しならが手の重みを感じます。全身力を抜いていますので、重力により手の重みがあるはずです。それを感じるように気持ちを意識して感ぜてください。

それが終わったら、左手、右足、左足と順番に感じていきます。最初はなかなか感じにくいかもしれません。気持ちがリラックスしていれば感じられますので、感じ取ることができるまで数日実践してみましょう。

自律神経法の6つの公式

自律神経法には6つの公式があります。慣れてきたらどんどん項目を増やしていき精神をリラックスさせていきます。

四肢の重感(手足の重さ)

手や足の重さをリラックス効果によって感じます。微妙な重さを感じますので精神をリラックスしていないと感じることができません。自然の重さを感じれるようにリラックスしてみましょう。

四肢の音感(手足の暖かさ)

全身をリラックスさせることで、手足の温度が上がっていきます。リラックスしていると自分の手足の暖かさが感じれるようになれます。

心臓調整(心臓の鼓動を感じる)

リラックスしていると心臓の鼓動を感じ取れるようになります。心臓が静かに打っている感覚を感じることでよりリラックスされます。

呼吸調整(楽な呼吸)

リラックス状態の時は静かに深く呼吸をしています。この状態を自然に感じ取れることでリラックス効果が上がります。

腹部温感(お腹の暖かさ)

リラックスしている状態だと、お腹が温かいことを感じることができます。これを自然に感じ取ることでリラックス効果が上がります。

額涼感(額が涼しく感じる)

深くリラックスしていると、額が涼しく風を受けている感覚になっていきます。この微妙な感覚を感じ取れることでリラックスされている状態になっています。

 

このように6つの公式があり、椅子に座り1項目3分から5分実践することで自律訓練法を行います。1日3回実施することが理想的ですが、1日1回でも時間のある時に行うとリラックス効果を得ることができます。このようにリラックス効果を得ることで精神的発汗を抑えることができるようになりますので。手軽にできますので実践してみましょう。

 

脇の臭いを脱毛で軽減のまとめ

脇の臭い軽減脇毛を脱毛することで、ワキガの臭いを軽減させることはできます。脇毛があることで脇の汗が蓄積され細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

また、デオドラントのケアをする場合にも脇毛があることで邪魔になり、しっかりと塗れなくなりますので脇毛があると悪臭を発生しやすくなってしまうのです。

脇毛を剃るだけでも効果はあり、臭いを軽減させることができます。

脱毛をすると、その後に脇汗が多くなる場合もあり、その要因としては精神的発汗の場合が多くあります。精神的発汗を抑えるには心身ともにリラックスさせることで抑えられますので、自立神経法でリラックスしてみましょう。

これから夏に向けて、脇毛は不要です。臭いの元になり、見た目もみっともありません。また、手入れに時間もかかってしまいますので一気に脱毛してしまい、臭いや見た目をキレイにしてみてはいかがでしょうか。







-
-

Copyright© 気になる臭いを徹底消臭 , 2021 All Rights Reserved.