デリケートゾーンが臭いって!?症状によって考えられる病気

更新日:

デリケートゾーンの臭い

風呂に入るときに下着を脱いだらなんかイヤな臭いを感じたことがあると思います。デリケートゾーンの臭いは生理や蒸れなどで起こる場合がありますが、それ以外にも病気で臭う場合もあります。

気のせいだと思ってほったらかしにしておくと、病気が進行して重症化してしまう場合もありますので、普段よりも臭いがキツいと思ったら婦人科で診察してもらうようにしましょう。

病気にはどのようなものがあるか

デリケートゾーンの病気にも種類がありますが、臭いが気になる場合は以下の病気になっている場合があります。

デリケートゾーンの病気

  • 細菌性腟炎
  • カンジタ膣炎
  • トリコモナス膣炎
  • クラミジア
  • 淋病

デリケートゾーンが臭う場合は、このような病気にかかっている可能性が考えられます。

細菌性腟炎

細菌性腟炎にかかっている場合はこのような症状になります。

  • 臭い : 生臭い
  • おりもの : 灰色
  • 症状 : 強いかゆみ

細菌性腟炎は膣内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えることで起こる病気です。膣内には善玉菌の乳酸菌が悪玉菌が増えないようにバランスを取っています。しかし、乳酸菌が減少したりすると細菌性腟炎になり、生臭い臭いに灰色のおりもの、そして、強いかゆみが出てきます。

細菌性腟炎になる原因としては、ストレスや疲労による免疫の低下、膣内の洗いすぎや誤った洗浄、ホルモンバランスの乱れから病気になってしまいます。

治療方法は病院で処方してもらった抗生物質を飲んでいると治ります。

予防方法としては、生活習慣の乱れから発症しますので、ストレスをためないようにして規則正しい生活を送るようにしましょう。またデリケートゾーンは専用の石鹸やソープで洗い常に清潔にしておきます。ここで注意しなければならないのは、洗いすぎにより悪化してしまうことです。膣内は自浄作用がありますので過度に洗ってしまうと逆効果になってしまいます。

 

カンジタ膣炎

カンジタ膣炎になっている場合はこのような症状になります。

  • 臭い : 普段よりも強い臭い
  • おりもの : 白いチーズ状
  • 症状 : 強いかゆみや痛み

カンジタ菌は誰でも持っている膣内のカビ菌の一種で、カンジタ菌が過剰になりすぎてしまうとカンジタ膣炎という病気になります。カンジタ膣炎にかかると、デリケートゾーンの臭いが普段よりも強くなり、白いチーズ状のおりものが出てきます。デリケートゾーンのかゆみと場合によっては痛みが出る場合もあります。

カンジタ膣炎になる原因としては、ストレスや疲労によって免疫が低下した場合や、風邪などの病気にかかり抗生物質を投与した時、生理前や妊娠などホルモンバランスの乱れによるもの、汗などによる蒸れでデリケートゾーンが高温多湿になった場合に発症しやすくなります。

治療法としては、膣内を洗浄しカンジタ菌を抑える薬を入れたり、内服薬などで治療します。

カンジタ膣炎は体の抵抗力が低下すると発症してしまいますので再発する場合が多くあります。生活習慣の乱れからなる場合がありますので規則正しい生活を送ることと、ストレスや疲労をためないようにしましょう。

汗などによって、デリケートゾーンが蒸れて発症する場合もありますので、通気性の良い下着やナプキンのつけっぱなしなどには注意して頻繁に取り替えるようにしてください。

 

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎になるとこのような症状になります。

  • 臭い : 普段より強い
  • おりもの : 黄色・黄緑色
  • 症状 : 強いかゆみ、排尿時の痛み

トリコモナス膣炎は性病の一種で、トリコモナス原虫という微生物原虫によって発症する病気です。性交渉によって感染する場合がほとんどで、6ヶ月以内の潜伏期間があり、感染者の2割から5割の人が症状が出ません。

お風呂やプールなどで感染する場合もあり、黄色や黄緑色の強い臭いを発した泡状のおりものが出て、デリケートゾーンに強いかゆみや排尿時に痛みが出てくる場合もあります。

トリコモナス膣炎は感染してから10日ほどで症状が現れ、膣内の膿を検査してトリコモナス原虫を調べ、感染している場合は経口薬や膣剤を使用してトリコモナス原虫を殺虫していきます。トリコモナス原虫がなくなれば膣内は正常に戻ります。

トリコモナス膣炎は性交渉によって移る場合が多いので、予防としては性交渉時は避妊道具をしっかりと使用するということです。また、プールや温泉など人が多く出入りするところでも感染する場合があります。トリコモナス原虫は水に強く乾燥に弱いので、プールや温泉に入ったあとはしっかりと体の水分を拭き取り乾燥させるようにしてください。

 

クラミジア感染症

クラミジア感染症になるとこのような症状になります。

  • 臭い : くさい
  • おりもの : 緑色
  • 症状 : 下腹部の痛み

クラミジア感染症はクラミジア・トラコマチスという菌によって発症する性病です。感染は性交渉によって感染し、陰部のみだけではなく喉にも感染する病気です。初期段階では気が付きにくく自覚症状がほとんどありません。おりものが緑色であったり、下腹部に痛みがでるようであれば病院へ行ってみましょう。

治療には抗生物質の薬が処方されますので5日前後飲むと治ります。腹痛や発熱など炎症を起こす場合があり、症状が悪化すると数日間の点滴をしなければならない場合があり、完治するまでに数ヶ月かかることもあります。

クラミジアは性交渉以外で移ることはほとんどなく、再発すると悪化しなかなか治らない場合もあります。口から感染する場合もありますので性交渉時は十分気をつけてください。

 

淋病

淋病になるとこのような症状が現れます。

  • 臭い : くさい
  • おりもの : 膿っぽく量が増える
  • 症状 : 特になし

淋病は性交渉によって淋菌が感染して発症する性病です。おりものの臭いがキツくなり、量が多くなったら淋病の可能性があります。喉にも感染し威嚇症状が現れない場合も多くあります。

投薬治療でほぼ治りますが、耐性菌ができやすく治療薬には注意が必要になります。淋病はあまり強い菌ではありませんが、感染力が3割と高めで性交渉によって移る場合がほとんどです。

 

病院に行きたいけど・・・

病院に行きたいけど恥ずかしい病院に行きたいけど、ちょっと恥ずかしいとか時間がないなんて人は多くいるかと思います。知らない人の前で下着を下ろして見てもらうのは誰でも恥ずかしいです。特に何ともなかった時は安心できますが、逆に恥ずかしくなったりします。それに、会社に何て言って休んだら良いのだろうかとか、色々と面倒なことが多くあります。

間違いなく病気だ!という場合は病院へ行って薬を処方してもらうのが一番良い方法ではありますが、病気かどうだかイマイチ判断できない場合なんかは、自宅でこっそり検査する方法もあります。

検査キットを自宅に郵送してもらい、自宅で検査して後は郵送するだけなので、誰にも知られずに好きな時間に検査することができますので会社を休むこともありませんし、恥ずかしい思いをすることもありません。ただし、性病と分かったらいずれにしても病院に行かなくてはいけませんので、逆に2度手間になるという場合もあります。ただちょっと気になるという人で病院までは・・・という人は検査キットで検査するのが最も手っ取り早い方法になります。

参照検査キットはこちら

万が一性病であった場合は、彼氏にも感染してしまう場合がありますので、早めに検査をして治療しておくことをおすすめします。性病になっていた場合は彼氏に間違いなく浮気を疑われてしまいます。そんな最悪の自体にならないためにも、疑わしい症状が出ていたら一度検査してみることで安心できるのではないでしょうか。いつもと違う臭いがするなんて時は注意が必要です。







-デリケートゾーン
-

Copyright© 気になる臭いを徹底消臭 , 2021 All Rights Reserved.